下見 大谷山

①宣言解除後のマキノピックランドは朝から大行列。横目にひとり登山口へ向かう。集落の暮らしを感じながらの徒歩25分

②よく掘られた登山道。約500m、1.5hほどつづら折れの登りが続く。クモの巣の状態から時々コースは利用されている模様

③標高730mで眺望ルートへ。斜度はゆるまり灌木(かんぼく)のすき間から景色を楽しむ。さらに登り続けるとススキの草原へ

④山頂到着‼出発から約2.5h。展望はマキノ集落やびわ湖。高島トレイル、若狭湾も‼やっぱり山は毎回いいなあ~と思う

⑤画像上部はびわ湖、右は大谷山の草原道。食後は草原を下って寒風(かんぷう)へ登り返す。しんどいけど景色に癒されます

⑥画像中央はマキノ高原。下山道は登りと同様に1.5hほど。解散場所には温泉も♪今回はマキノの草稜を堪能しましょう~



下見 宇治川

①気軽なコースなので軽装で下見。緩やかなトレイルに心を弾ませ景色を楽しみます。自然林の中の森林浴は毎度いいなあ~

②自然林コースが途切れ舗装路へ。本コースは所々ウォーキングになります。農家さんが収穫した野菜の無人販売所も嬉しい

③天ヶ瀬ダム下を勢いよく流れる宇治川。びわ湖からの水ですが宇治川にまで至ると一段とくすんだ緑に。この川面もまたいい

④昼食は木陰で。床が岩場になっているもののなんとか座れる。対岸の車の走行音も宇治川の音量にかき消され気にならない

⑤食後は川沿いをウォーキング。少しずつ勾配が上がり再び山中へ。山の香り、音、清涼感。やっぱりいいなあと思いますよ

⑥後半はハイキングを楽しみ大吉山の展望デッキへ。自粛続きで運動不足気味の方も気軽に仲間と自然を楽しみましょう~



大文字山トワイライト イベント

①皆さんでご挨拶。約1ヶ月半ぶりのイベント開催。皆さん少し堅い面持ち(おももち)で始まりました

②自宅での自粛生活が続く中で久しぶりに自然の音や香り、水の流れを感じ癒やされて気持ちが徐々にほぐれていきます

③沢筋の登り。沢を飛び越えたり、蛙を見つけたり、青もみぢを眺めたりして自然を満喫。額に汗をかきながら山頂を目指す

④18時に夕景の山頂へ‼左足骨折後のリハビリとして参加した方、喘息持ちの方、久しぶりすぎてバテた方、皆さん無事登頂♪

⑤暗がりの尾根を歩き火床に到着。久しぶりの方々も夜景に心を奪われる。食事をしたり、会話をしてのんびり非日常を味わう

⑥大阪方面。仲間と一緒に自然を満喫し、会話を楽しみ、眺望を得て、笑うって事が改めて大切な事だと感じた日になりました



下見 オウム岩 

①としょうから始まります。水深も浅めで水流は緩やかなので防水靴か登山靴なら安心です。トレイルは荒れ気味

②崩落ポイント。この画像だけ春の下見時の物を転用しています。すべりやすい地質なので慎重に。落ちたら大ケガです

③倒木やトゲのある植物等、トレイルの上下左右に自然の障害物があり最初の1hはジャングルをさまよっているよう。道狭い

④よく踏まれた尾根まで登りつめホッと一息。ジャングルから解放されますが尾根からはアップダウン、距離もあり健脚向き

⑤オウム岩で昼食。出発から3h位。大自然のパノラマを満喫。ここから眺める紅葉に期待して11月にイベント開催します

⑥画像左上はしろさか。下山時も楽しいポイントがあります。序盤はジャングルで大変ですが大自然の秋を満喫しましょう~



音羽山トワイライト イベント

①序盤の急登。本日は思ったより蒸し暑くもなく天気は良好。登りが少ししんどいので水分補給をしながらゆっくり行きます

②大津市街地を眺めながら登る。虫が少なく快適。休日なのに他のハイカーさんともまったく出会わない珍しい日でした

③山頂到着‼西の空には重い雲もありましたが概ね好天。遠目には落雷も見え、空の広大さ、移り変わる様子に心を奪われる

④座って夜景鑑賞。食事や会話を楽しむ。山頂には涼しい風が吹き真夏の屋外とは思えない快適さ。皆さんなごやかでした♪

⑤真っ暗闇の中を下山。地面を照らすライトの灯りめがけて突っ込んでくるセミが多数。その度にギャアア~~という声が響く

⑥大津市街の夜景。下山時は軽い転倒1件のみで無事に帰還。真夏のトワイライトを満喫できました。また行きましょう~♪



比良縦走イベント

①本日はロープウェイを利用して山頂からのスタート。ガスっていて景色は見えずでしたが涼しい風が吹きトンボが至る所に

②アップダウンの連続で疲れ小休憩。健脚の方々ばかりでしたが時々座って足を回復させます。ブヨが大量に発生し厄介でした

③縦走路の登坂。気温は25℃位。とにかく湿度が高く汗のべとつきとブヨに悩まされました。水分補給をしながら歩を進める

④突然のスコール。昼休憩地の河原で昼食を食べ始めると雨が降り出しやがて豪雨に。すぐに食事をかきこみ雨具を装備

⑤雨が弱まり晴れ間が広がる。画像一面の水たまりの水面に雨脚が幻想的に輝く。手の平サイズの大きな蛙3匹にも出会う

⑥北比良峠。本日は突発的な豪雨にあいましたが皆さん落ち着いて対応されました‼今回にこりずまたご一緒しましょう~



清滝イベント

①展望台でご挨拶。蒸し暑い中、何度も休憩を入れながら坂を登りきり展望台でゆっくり。今日1番の難所が終わり皆さん笑顔

②下見で出会ったアヒルさん達に池でまた再会♪人慣れしているようで周りをトコトコ歩き回って盛り上げてくれました‼

③沢筋。靴が濡れないように慎重に歩を進める。ぬかるみもありましたがスニーカーの方もなんとか乗り切れて良かったです

④清滝川沿いを歩く。画像最前列の母を盾にして管理人の写真撮影攻撃から身を守る女の子。歩き疲れはないようでひと安心

⑤水遊び。昼食後に管理人が水につかると皆さんも誘惑に負けて川遊び♪女の子は管理人めがけて水風船を連投しストレス解消

⑥帰路。本日のコースは画像左端の切り絵師さんが提案して下さいました。涼感あふれる初夏のひとときを過ごせました~♪