こんぜ山イベント 雨天振替

①本日は水辺のとしょうから始まります。流れる水の音を感じながら気持ち良く沢を横断していきます。新緑がとてもイイ

②水と岩の異質な空間でのんびり。普段の生活とはかけ離れた世界で会話を楽しんで日常の疲れを癒します

③岩盤の斜面を慎重に歩いたり、ロープを使って岩をよじ登って楽しむ。その後は尾根づたいに天狗岩を目指します

④天狗岩。GW、快晴ということもあって大勢のハイカーの方々が写りこんでいます。朝の駐車場も満車の状態でした

⑤各所の岩の展望台すべて人、人でしたが一カ所偶然あいていて皆さんでゆっくり。やっと落ち着けました♪

⑥下山時は他のハイカーさんも少なく逆さ観音や青もみじ、5月の新緑を存分に楽しめました。またご一緒しましょう~



きぬがさ山イベント

①序盤は丸太階段をひたすら登りました。最初は息切れをする方もいてこまめに小休憩。徐々に身体もほぐれ皆さん笑顔に

②山頂付近で昼食。クリアな眺め。ポカポカ陽気と乾いた風が吹く中で楽しそうにおしゃべりしてリフレッシュできました

③展望台からはびわ湖をはじめ湖東の水郷地帯を満喫。低山でも眺めはよかったようで序盤の階段疲れは吹き飛んだ様子

④竹やぶでゆっくり。かなり強風が吹いていて竹の笹同士がこすれ奏でるハーモニーがどこか懐かしく、やさしい気持ちに

⑤下山後の草原。なんとフジの花が‼ちょっと早いな~なんて言いながら突然のサプライズに皆さん感動されたようです

⑥本日登ったきぬがさ山を横目に帰路へ。新緑の田園をのんびりと歩く。めったにない爽やかな風に包まれ緑を満喫できました



下見 蓬莱山

①3年振りに平(だいら)から登ります。天気は小雨。標高450mから始まるのですぐに自然林の中へ。鹿の声が響いてました

②2017年の台風で壊滅的な状態となっていた権現山あたりもとても歩きやすく整備されていました。感謝しかありません

③本日出会った方は日本100マイルクラブin関西にエントリーされている方で地元の愛知から下見にこられたそうです

④風雨が強く靴の中まで全身びしょ濡れ、しかもガスっていて素晴らしいびわ湖の景色が何も見えません。本イベントに期待

⑤蓬莱山に到着‼画像では伝わらないかもですが天気が良ければとっても素晴らしいルートですのでぜひご一緒しましょう♪

⑥下山時の天狗杉にて。和歌山の潮岬から京都の経ヶ岬まで約500㌔の山岳レースを楽しまれるそうです。優しい方でした‼



下見 オウム岩

①昨年秋以来の湖西。陽が長くなり新緑のシーズンに入ってきましたね‼

②沢沿いのとしょうが何カ所かあります。足元を濡らさないよう注意してください

③画像左の崩落ルートをいく。油断すると5m下に落ちて大ケガをするポイントです

④赤テープに助けられながら尾根へ。アップダウンが続きます。健脚向けのコース

⑤オウム岩に到着‼ここで昼食に。他のハイカーの方々と譲り合って楽しみましょう

⑥下山時の白坂。真っ白な砂地が広がります。良い景色をゆっくり眺めましょう~



鏡山イベント 雨天振替

①バスを降りると美味しそうなスイーツ店があり皆さん山頂で食べる事を楽しみに購入。楽しいイベントの始まりかたでした

②沢沿いを登坂していくと大きな池がドーンとあらわれ気持ち良い景色が広がります。皆さん水辺がお好きなようです

③シダの緑の中を進む。山が久しぶりという方もいましたが癒されていたようでホッとしました。ツツジの花もにぎやかでした

④山頂。「京ねこさんですか~?」連絡なしでドタキャンしたかと思われていた参加者Oさんが隠れキャラのように登場し合流

⑤アップダウンを経て水遊びを堪能。水辺の生き物、生態好きな女性は会話中もずっと水辺に視線がいって面白かったです

⑥午後は晴れ間が広がり皆さん芝生の感触を楽しんでおられました。画像右手には桜並木も見られ春の気分を満喫できました☆



里山散歩イベント

①融(とおる)神社でご挨拶。いつものハイキングと違い皆さんラフでした。長袖ダウンだったり、カバン小さ過ぎたり(笑)

②歓喜院。棚田を眺めながら登っていくと到着。ロウバイの花がとってもきれいで皆さん写真撮影。良い香りにほっこり

③画像左は朝日滝。手前は小学4年の女の子。母が見守る中、足が痛いと訴えるのかと思いきや「お腹減った…」かわいい(笑)

④棚田や比良山が眺められるところで昼食。Tさんが凧揚げをしようと提案。しかし男2人でやっても凧は舞い上がらず…

⑤淡路島出身の女性2人が声を掛け合い凧を意のままに操る様子。凧が電柱をかわしさらに舞い上がる。今年は縁起いいぞ~☆

⑥森の空気を吸って帰路へ。本日はコース内容が緩かった事もあり、おしゃべりしながら皆さん楽しく気分転換できました~



比叡山ドライブウェイイベント

①年始早々皆さんでいくつもの沢を渡り、倒木を乗り越えていきます。キャッキャッと言いながらとても楽しそうでした

②倒木にたっぷりの雪が…皆さん気にせず乗り越えていきます。やはりこの季節の参加者は強者(つわもの)揃いですね(笑)

③見晴らしのある尾根で昼食。寒かったですね~初心者の方は雪道の登りにまいった様子。なんとか持ちこたえられました

④食後に谷間に降りると本日1番のこんもりとした大雪に見舞われました。皆さん大喜び‼童心に返って雪合戦をする方も(笑)

⑤登り返して夢見ヶ丘へ。足が痛い方がおられましたが冬期はここからバスが出ていないのが難点。下山を頑張って頂きました

⑥下山時。本日は皆さん想像以上に雪山ハイキングを楽しんでおられました♪今年も安全にハイキングを楽しみましょう~