清滝イベント

①展望台でご挨拶。蒸し暑い中、何度も休憩を入れながら坂を登りきり展望台でゆっくり。今日1番の難所が終わり皆さん笑顔

②下見で出会ったアヒルさん達に池でまた再会♪人慣れしているようで周りをトコトコ歩き回って盛り上げてくれました‼

③沢筋。靴が濡れないように慎重に歩を進める。ぬかるみもありましたがスニーカーの方もなんとか乗り切れて良かったです

④清滝川沿いを歩く。画像最前列の母を盾にして管理人の写真撮影攻撃から身を守る女の子。歩き疲れはないようでひと安心

⑤水遊び。昼食後に管理人が水につかると皆さんも誘惑に負けて川遊び♪女の子は管理人めがけて水風船を連投しストレス解消

⑥帰路。本日のコースは画像左端の切り絵師さんが提案して下さいました。涼感あふれる初夏のひとときを過ごせました~♪



下見 比良縦走

①スキー場跡地を下る。芝が湿っている時は特に滑りやすいので注意。夏場は暑いので山頂スタート設定で登りを減らしました

②森の中をひたすら歩き続ける。真夏の低山でも緑を感じたい方向けです。もちろん汗はかきますがやっぱりいいもんです♪

③画像左上のびわこテラスからここまで来て休憩。山も雄大ですけどわずか2hほどでひと山超える人間の力にも驚きです

④山頂スタートからの稜線歩きはけっこうアップダウンや歩行距離もあり健脚向きのコース。登りもまあまああります

⑤昼食はこちらの河原で涼みながらとりましょう♪小石がわりとあるのでシートがあると座った時にお尻が痛みが軽減します

⑥画像右端は沖島。沢で涼んだ後は少しびわ湖の景色を眺めてから下山。真夏もできるだけ涼しく快適に楽しみましょう~



賤ヶ岳イベント

①余呉湖畔から尾根に向かって登っていきます。登りは蒸し暑く汗も。本日は梅雨時期にしては好天、楽しまないと♪

②尾根を味わう。涼しい風が流れとても快適な森林浴。今日はおしゃべり好きな方も参加されて楽しげな明るい尾根歩きでした

③山頂に向けて最後の踏ん張り。余呉湖も見えてきました。最後の急登の階段は元気な方でもさすがに少ししんどそう。頑張れ

④山頂到着‼リフト利用客もちらほら。ベンチごとに分散して食事しました。初参加の方もリラックスした様子で笑顔でした

⑤この奥琵琶湖の湖岸線を気に入られた方も。展望がこれほどひらけているとは予想外だったようで嬉しそうな表情でした

⑥コロナ対策用に剪定されたアジサイの道を行く。皆さん本日も気持ちよくハイキングが楽しめた様子です♪また行きましょう



下見 音羽山トワイライト

①夏場のトワイライトイベントをどこにしようかな~と地図とにらめっこ。京都方面の夜景がみたいと思い音羽山へ取付く

②少し急な階段を登っていく。最初の40分がしんどい。夏なんで余計に汗かいて。ライトや水筒以外に着替えも必要です

③夕暮れの強い西陽を感じながらのソロ。誰ひとりいない特別なトワイライトタイム。夏場だけ味わえるこの感覚に震える

④山頂到着。画像左下、別ルートからマウンテンバイクでこられた方と出会う。共に夕景を眺めながら自転車や山の話。楽しい

⑤愛宕山に陽が落ち京都や大津の街にあかりがともる。風通しが良い場所なので夏場でも肌寒い。一枚羽織るものがあると安心

⑥暗闇の中ライトを照らし下山。ソロだと怖い。下山後は駅までアスファルトの下りが30分程ありますが是非ご一緒しましょう



蛇谷ヶ峰イベント

①背丈ほどある植物の中を強引に掻き分け進んでいく。普通の人ならヒクような場面でも皆さん落ち着いて対応されました

②谷筋を抜け尾根に向かってひたすら登る。本日は梅雨の中休み。比良山の稜線がくっきりと見える好天に恵まれました‼

③急坂を登りきりご褒美の尾根へ。爽やかな風と木漏れ日。楽しそうな会話や笑い声が森に響く。ハイキングの醍醐味を満喫♪

④最後の急坂を越え山頂到着‼絶景を眺めながらの昼食。ふもとで買った棚田ジャムも皆さんで分け合い美味しく頂きました

⑤山頂でお昼寝。食後は横になりゆっくりとした時間を過ごしました。寝起きでパッと視界に広がる絶景はいいものです

⑥下山時。膝に痛みを訴える方もなく無事に下山。てんくうでは温泉に浸かったり、アドベリーのソフトを楽しみ帰りました



蓬莱山イベント

①倒木をかわしつつ登っていく。本日は曇天。標高があがる度に霧が濃くなっていきました。「げんそうてき~」と喜ぶ方も

②権現山。霧の中を登りきりやっとひらけた尾根へ。展望は残念ながら無。「霧の日もいいなあ~」という声も (ポジティブ?)

③尾根から山頂に向け登っていく。強風が体力を奪う、小雨もちらほら。30m後方の最後尾の方は見えません。声だけが頼り

④山頂到着‼残念ながら眺望はまるでありません。展望ブランコに乗ったり、参加者の方にパイの実を頂き疲れを癒します

⑤先が見えない中、サプライズ的に目の前に遊具が現れる。リンボーや輪投げ、ヤッホーホーンをして童心に返り笑いました♪

⑥下山時。本日は尾根の展望がメインのはずがいつの間にか霧を愛でる会に(笑)前向きに楽しんで頂きありがとうございました



こんぜ山イベント 雨天振替

①本日は水辺のとしょうから始まります。流れる水の音を感じながら気持ち良く沢を横断していきます。新緑がとてもイイ

②水と岩の異質な空間でのんびり。普段の生活とはかけ離れた世界で会話を楽しんで日常の疲れを癒します

③岩盤の斜面を慎重に歩いたり、ロープを使って岩をよじ登って楽しむ。その後は尾根づたいに天狗岩を目指します

④天狗岩。GW、快晴ということもあって大勢のハイカーの方々が写りこんでいます。朝の駐車場も満車の状態でした

⑤各所の岩の展望台すべて人、人でしたが一カ所偶然あいていて皆さんでゆっくり。やっと落ち着けました♪

⑥下山時は他のハイカーさんも少なく逆さ観音や青もみじ、5月の新緑を存分に楽しめました。またご一緒しましょう~